産土神社・鎮守神社

産土(うぶすな)の神様とは生まれた土地の守り神です。その神様と縁があるからその土地に生まれたのです。
産土の神様は産まれた時から生涯を通して守ってくださり、そして死後も守り導いて下さるありがたい自分のオンリーワンの神様です。
photo自分を直接守護して下さっている神社を知ってそのご存在に心を向けて参拝し、開運の後押しをしていただきましょう。主に産土神社は進学、就職、結婚、家庭全般、健康等々人生に関わることを全て守護して下さいます。(産土神社は自分の産まれた土地の近くにあり、一生変わりません。)

鎮守神社は産土の神様の縁で現住所の近くにあります。主に自宅と仕事全般を守護して下さいます。(住所が変わると鎮守神社も変わります。)

「神・仏・先祖」が三位一体の産土信仰が開運の土台です。

ルーツの見えない縁を整えると、見える縁が整ってきます。最初の縁をきちんとムスビ直すことで、人脈が良くなり、人脈が金脈を呼びます。

お客様の産土神社と鎮守神社を明らかにして、目に見える形の社殿を通じて、実は守護の神仏という存在がルーツにいるんだということを伝えていきたいと思います。
産土様がすべての基礎体力であり一生の宝です。
ルーツの神仏は、あなたがこの世に存在する時にすでにお世話になっている世界です。ですから産土神社は“宗教以前”なのです。

※あなたの産土神社・鎮守神社を地図上から神道フーチでリサーチいたします。是非この機会に自分を守護してくださる両神社を知り、参拝して開運体質になりましょう。
ページトップ